占いを通してお互いのことについて深く知ることが出来ます

日本独自の文化

水晶

日本には干支という文化があります。 これは元々はアジア圏の漢字文化から輸入されてきた文化であり、日本でよく聞く牛とか虎の事とはまったく関係の無い、陰陽五行説の類に当てはまる占星術や漢字に関わる占い、月日や年月や方学や時期で占う一種の文化としてのモノが正式なモノです。 そして干支というよりは正しくは十二支と言うのが日本の場合に当てはめるなら正しく、日本の場合は年賀ハガキに虎とかのイラストが描かれるように、少しばかり意味が違います。 そして十二支で登場する動物達の暦の周期に合わせて、その年月生まれの人の運勢を年占いとして占い事も多々あります。

今年の年占いの内容に入りますが、その年の干支の人達の運勢は色々な占星術で運勢を計る事は出来ます。 ですが、これは人によって占い枠、もといカテゴリが変節してしまうので一年という年度の数字を踏まえて、その占いたい人はどういう状況で、どういう歳で、どういう生活をしているのか、などが占いの要素になります。 占星術や十二支の占いの中には、運気が上がると言われている時間帯などもあるのですが、この時間帯が沿わない、または合わないという立ち位置の人も出てくる事がある為、この点などで運勢があるか否かなどの変節を踏まえる事が出来るようになっている訳です。10年単位で変節する気運変化なども生まれ年とで絡む要素もあるので、もしその年の干支の人は年占いを考えている場合、自分の状況を細かく羅列する事が必要です。